トップ・ページへ  前のページへ

博物館網走監獄


 博物館網走監獄は北海道北東部の網走市にあります。
 旧網走刑務所の建物を移築し、博物館として展示しています。
 鉄道では札幌駅から特急「オホーツク」で約5時間20分もかかります。
 車ですと、旭川紋別道の終点、丸瀬布ICを降りて、国道333号線、国道39号線を経由します。約110kmです。

 博物館網走監獄は実際の網走刑務所として使われてきた建物を移築し、公開しながら保存している歴史博物館です。

 

 

 左の写真は入口です。進んでいきますと正門があります。正門だけは現在も使われているので、新たに造っています。

 

 

 網走刑務所の旧庁舎です。案内板はクリックすると拡大します。

 

 旧庁舎内にある面会所です。中にはろう人形が飾られています。

 

五右衛門風呂です。

 

 

 旧網走刑務所職員宿舎の案内板です。クリックすると拡大します。
 中には生活風景が再現されています。

 

 

 休泊所です。案内板はクリックすると拡大します。
 中には就寝状況が再現されています。

 

 

 耕耘庫の案内板です。クリックすると拡大します。
 中には作業の様子が再現されています。

 

 つけもの庫の案内板です。クリックすると拡大します。
 中には大樽が展示されています。

 

 行刑資料館の中には連行の様子が再現されています。
 また、現在の部屋内部が再現されています。
 左下が雑居房、右下が独居房です。

 

 

二見ヶ岡農場の作業風景が再現されています。

 

 

 二見ヶ岡農場の内部です。生活風景が再現されています。

 

 

 

 

 メインの五翼放射状平屋舎房です。
 中央には見張り小屋があり、五翼状になっている廊下を監視できるようになっています。
 案内板はクリックすると拡大します。

 

 斜め格子の案内板はクリックすると拡大します。

 

 暖房はまきストーブのみでした。極寒の網走では寒かったと推測できます。

 

 「く」の字の格子の案内板はクリックすると拡大します。
 また、部屋内部が再現されています。
 右上が雑居房、下が独居房です。

 

 

網走刑務所赤煉瓦外塀の煉瓦の案内板です。クリックすると拡大します。

 

 

 浴場です。案内板はクリックすると拡大します。
 中には入浴風景が再現されています。

 

 

 煉瓦造り独居房です。案内板はクリックすると拡大します。

 

 

 懲罰房です。案内板はクリックすると拡大します。

 

 

 教誨堂です。案内板はクリックすると拡大します。

 

 

 釧路集治監網走囚徒外役所正門です。案内板はクリックすると拡大します。